シロメルはニキビも治せる?

シロメルは赤ら顔専用化粧水!ニキビ肌やニキビ跡には効果がないのか?

赤ら顔は緊張したり興奮したりすると一時的に顔が赤くなるという状態ではなく、いつでも顔に赤みを帯びている状態です。

 

そのため、好きなメイクができないとか、赤みを隠すために厚塗りをしてしまうなど、どうやって隠そうかと悩んでしまいます。

 

何らかの原因で赤ら顔になっているので、まずその原因は何かを探ってみましょう。
赤ら顔になる原因には、肌荒れや乾燥、ニキビ、老化などが考えられます。

 

これらはすべて肌にダメージを与えてしまうので、皮膚が薄くなって弱くなります。
薄くなった皮膚に血管が透けて見えるようになるのと、肌荒れやニキビは肌の炎症なので赤くなるため赤ら顔になります。

 

ニキビが治った後にそのまま赤くニキビ跡が残ってしまうことがありますが、それも赤ら顔の原因になります。
シロメルはそんな肌トラブルに作用し、赤ら顔を解消してくれる優れものです。

 

赤ら顔の人しかシロメルは使えないのか、ニキビ肌には使えないのかといった疑問がわきますが、ニキビが原因で赤ら顔になることがあるので、シロメルを使っても問題はありません。

 

赤いニキビができている時は肌が敏感になっていますし、炎症を起こしているのでシロメルを優しくつけるようにすると良いでしょう。

 

 

 

シロメルは薬ではないのでニキビが治るわけではない

シロメルはニキビ肌にも使えるのですが、ニキビに直接作用するわけではありません。
ニキビができにくくなるような肌に導くというもので、肌の「基礎」を整えるものと理解しましょう。

 

敏感肌の人でも安心して使えるように、香料やアルコール、パラベン、着色料、紫外線吸収剤といったものを使わない無添加化粧品となっていますのでニキビ肌でも安心して使えます。

 

肌の基礎が整ってきたらターンオーバーも正しく行われますので、ニキビもできにくくなります。
シロメルは薬ではありませんので、できてしまったニキビを治すことはできないのですが、できにくい肌にしてくれます。

 

ニキビ肌の人は使える基礎化粧品が限られていましたが、シロメルはニキビ肌でも安心して使えます。

 

ニキビができる原因は、生活習慣の乱れやストレスが関係しているとも言われていますので、シロメルを使うと同時に生活習慣を見直してみることも大切です。

 

偏った食事はしていないか、夜更かしはしていないか、ストレスが溜まっていないかなど自身でチェックしてみましょう。

 

⇒【今だけ!】シロメル公式サイト限定豪華特典キャンペーン開催中!