シロメルは赤ちゃんに使える?

シロメルは敏感肌でも安心して使える

赤ら顔で悩む人におすすめのシロメルは、朝晩洗顔後につけるだけで赤ら顔から解放されるという商品です。
化粧水タイプなので使いやすく、どんな肌タイプにも合います。

 

シロメルにはヒアルロン酸やセラミドがたっぷり含まれていて、さらに和漢エキスやヒト幹細胞エキス、アルテロモナス発酵エキスといった成分が肌を健やかにしてくれます。

 

赤ら顔の原因は肌荒れや老化、ニキビなどがあるのですが、敏感肌でも赤ら顔になることがあります。
敏感肌の人は肌バリアが弱く、角質層が薄くなっているので皮膚の下の血管が透けて見えやすくなるのです。

 

敏感肌の人は使える化粧品が限られてきますが、シロメルは添加物や着色料、パラベンなど肌に刺激となるものが含まれていません。

 

無添加化粧品なので敏感肌の人でも安心して使えます。
実際に敏感肌の人が使ってみたところ、刺激を感じなかったので使いやすいといった声がありました。

 

ただし、すべての敏感肌の人に使えるというわけではないので、不安な人は念のため成分などについて医師に相談すると良いでしょう。

 

しかし、今のところシロメルで大きな肌トラブルがあったというような声はありません。

 

 

 

シロメルは赤ちゃんに使っても大丈夫?

敏感肌の人にも安心して使える化粧品ですが、赤ちゃんに使っても大丈夫なのでしょうか。

 

シロメルは肌に刺激になるような成分はできる限り排除して、今まで何を使っても刺激があったというような敏感肌の人でも使ってもらえるように作られています。

 

そのため、基本的には赤ちゃんに使っても大丈夫ではないかと考えられますが、シロメルは赤ら顔に悩む人に向けて作られたものです。

 

生まれて間もない赤ちゃんが、赤ら顔になることはあまりないでしょうから、あえて赤ちゃんに使う必要はないでしょう。

 

刺激が少ないものなので赤ちゃんの肌についても使用はできると考えられますが、どちらかというと大人向けに作られています。

 

大人では刺激がないものでも、赤ちゃんにつけたらもしかしたら刺激になることがあるかもしれません。

 

問題ないかどうかわからず心配しながら赤ちゃんに使うのであれば、医師に相談するか、赤ちゃんには赤ちゃん用のスキンケア商品を使った方が安心です。

 

シロメルは誰でも使ってもらえるように作られているのですが、赤ちゃんに使うことはあまり推奨していません。
もう少し成長して赤ら顔が気になるようであれば、使ってみると良いでしょう。

 

⇒【今だけ!】シロメル公式サイト限定豪華特典キャンペーン開催中!